口下手 面接

口下手と面接

「面接」というのは口下手な人にとって高いハードルだと考える方がたくさんいらっしゃいます。
就職活動をする上で、履歴書と面接というのは避けて通れない道であり、誰でも一度は経験するものです。
個々でやる場合もありますし、グループで行うこともあり、会社によってその形態は様々です。
「自分は口下手だから上手く自己アピールができない。」
「グループディスカッションだと自分の考えを伝えることがなかなかできない。」
と口下手のコンプレックスから不安になりがちです。

 

しかし、口が上手いからといって受かることがないように、口下手だからといって面接で落とされるということはないのです。
話上手な人ほど受かるというわけではなく、大切なのはその会社になぜ入りたいかということです。
「自分はこの会社で頑張りたい。」
「この会社の○○なところに興味がある。」
など、他の企業ではなく、この会社に入りたいという意志をどれほど企業側に伝えることができるかということです。
口が回る人がただ棒読みに、その会社のよい所を伝えてもその気持ちは伝わりません。
必死にどうして入りたいのかということをたどたどしくなっても良いので伝えることが、大切なのです。

 

そもそも緊張しながら面接しているのは
面接官も分かっています。焦らずにきちんと話すことを
心がけると良いです。面接まで来たのですから、
自分を信じていきましょう。

 

 

そもそも面接という場面では、面接官は、あなたが自分の会社にどれだけ
入りたいのか?という熱意を見ています。と言うことは
口下手である事などあまり気にしてはいないのです。
この人物ならうちの会社でよく働いてくれそうだとか、
この人物なら一緒にやっていけるのではないかという
ような事を見ています。もしどうしても入りたい企業なら
その熱意は、例え口下手であっても伝わっていく物です。
自分も必死にアピールします。かなりタドタドしい口調や
態度であっても、伝わるものは伝わっていきますので
心配は要らないでしょう。

 

 

 

面接は、自分の口下手さを伝える場所ではありません。この会社に就職したいという熱意をぶつける場所です。
もちろん、相手に伝えられるように練習も大切ですが、形や格好にこだわらず素直な気持ちを企業側に伝えていきましょう。

口下手と面接関連ページ

口下手でも出来る仕事
25年間口下手で悩み続けてきた私の体験から、口下手を改善・克服する方法をお伝えします。口下手は生まれつきではなく、必ず直すことが出来るのです。
口下手に向かない仕事
25年間口下手で悩み続けてきた私の体験から、口下手を改善・克服する方法をお伝えします。口下手は生まれつきではなく、必ず直すことが出来るのです。
口下手と営業
25年間口下手で悩み続けてきた私の体験から、口下手を改善・克服する方法をお伝えします。口下手は生まれつきではなく、必ず直すことが出来るのです。
口下手とプレゼンテーション
25年間口下手で悩み続けてきた私の体験から、口下手を改善・克服する方法をお伝えします。口下手は生まれつきではなく、必ず直すことが出来るのです。
口下手と会議
25年間口下手で悩み続けてきた私の体験から、口下手を改善・克服する方法をお伝えします。口下手は生まれつきではなく、必ず直すことが出来るのです。